実用腕時計の種類2

実用腕時計のメーカーを紹介します。価格はブランドごとピンきりですが、こちらでは数万円台から高くても50万円以下の購入しやすい実用腕時計をピックアップしました。

取り上げているブランドは
・ジン
・オリス
・エドックス
・ラドー
・ハミルトン
以上の5ブランドです。

▼ジン
ドイツ生まれの実用時計で、創業者は空軍の元パイロット。その経験が時計に反映されているのでまさに「プロ仕様」な1本です。
具体的には視認性が良いこと、ケースが堅牢、ムーブメントを保護する特殊な技術が利用されている点などが特徴的なブランドです。
航空時計としての評価を得ているほか、実用面でも様々な分野に顔を出すなど、地味ではあるものの確かな実力を持っています。
どちらかといと玄人受けするブランドですね。

▼オリス
スイス生まれの時計で、ベーシックで古典的なデザインからスポーツモデルまで幅広く商品展開しています。スペックが高く、反面企業努力で価格は抑えめに設定されています。その点日本のメーカーに近いかもしれません。アビエーター、モータースポーツ、ダイバーズ、カルチャーの4つのカテゴリーで、それぞれラインアップされています。

▼エドックス
日本人にはあまりなじみのないブランドかもしれませんが、それもそのはず、日本に初めて上陸したのが2004年のこと。近年では幅広くラインナップされていますが、当初はパワーボートとのタイアップでスポーツモデルのみの展開でした。現在でもスポーツ系に強くかつドレス系にも豊富なラインナップを揃えています。価格は控えめなので、こちらも海外製のスポーツ系実用腕時計としてファーストチョイスに上がるメーカーでしょう。

▼ラドー
スイス生まれのメーカーです。特徴的なのは腕時計の素材。ステンレスとゴールドに限らず、新しい素材を常に開発してきたという点はまさに独特。セラミックケースの形成技術は世界でもトップクラスであるなど、異彩を放つメーカーです。

▼ハミルトン
もともとはアメリカに工場を置く時計メーカーですが、現在ではスイスに製造拠点があります。鉄道時計、航空時計、軍用時計をメインに、ファッション時計も幅広くラインナップされています。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme