実用腕時計の買取2.戦略編

実用時計を買取に行く際、高く売りたいと考えるなら情報と戦略が必要不可欠になります。

▼まずは売り物を用意
売り物となるのはもちろん実用腕時計ですね。
腕時計自体は毎日磨きをかけ、キズ一つなく大切に扱っているものと仮定しますが、どうしても汚れやキズが付くもの。
高級腕時計の場合、オーバーホールをするかどうか迷うかもしれませんが、ここではしない方向を推奨します。
汚れはすべて落としておきましょう。手垢はもちろん、細かい隙間は爪楊枝などを使ってきれいにしておく。
付属品もすべて揃えます。
外箱はもちろん、ケース、保証書、付属品などすべてです。

▼つぎに情報集め
実用腕時計を買取に出す際はまず、ネットを使って下調べをし、自分の持っている時計は、そもそも買取に出せるかどうかを確認しましょう。くれぐれも売り物がすべてそろった時点で、いきなり買取店に行かないことです。良心的なお店が多いものの、安く買いたたくお店は必ずあります。行くのは引き止めませんが最低3店舗は回って、買取価格の目安を立てておきます。ネット店舗も同様ですね。
目安価格をベースに、キズやそのほかの状態を差し引きしつつ、最低限これだけは譲れない金額と、希望の買取価格を割り出します。
それらのちょうど真ん中の価格がちょうど良い適性買取価格と考えておきましょう。

▼いざ買取店へ!
いざ買取店にでむき、買取価格の目安を大きく下回ったら交渉です。他の買取店では○○円(ハッタリでも良いし、希望の買取価格でも良い)だったけど、安すぎない?といった形で引き下がらず、1円でも高く売れるように食い下がりましょう。長引きそうだったら時間の無駄なので早めに退散を。
このように買取価格と交渉については、事前に戦略を立てておくと良いかと思います。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme