価格帯で見る実用腕時計

実用腕時計を価格帯で見てみましょう。

そもそも実用腕時計の価格はなぜ数千円のものから、数百万円のものまで存在するのでしょうか。

▼価格差はどこに現れる?
価格差は簡単に言えばまず、クォーツ式か機械式かで分かれてきます。クォーツ腕時計は電池式の時計でいわゆる量産が可能なタイプです。その点で職人手作りの機械式とは価格が違ってきます。
クォーツ式でも外装などが豪華であればそれなりに高額になりますが、ムーブメントの差だけで考えると、機械式の時計の方が圧倒的に高額になります。

▼機械式時計の奥深さ
機械式時計は大量生産が効かず、しかも職人の手作りであり、ブランド独自のムーブメントが搭載されれば価格は飛躍的にあがります。
100万円以上する実用腕時計の何が違うかというと、自社開発の最高のムーブメントに加え、外装に豪華な装飾が施されます。腕時計のメインとなる素材もプラチナや金などが加わり、ところどころにダイヤモンドなどの高価な宝石が取り付けられる形です。
まあ、ここまでの加工になってしまうともはや実用腕時計ではなく、高価な装飾品としか形容できませんが…。200万円以上すると装飾だけでなく仕上げ自体もより時間をかけて、丁寧に仕上げます。

100万円以下50万円以上のものが実用腕時計のある種の限界ではないでしょうか。ムーブメントにはやはり自社製のものが載せられており、量産型とは異なる趣を見せます。これらも高級品であるのは間違いありませんが、ロレックスにおいてはこのあたりの価格帯に製品が集中しているので、このブランドを実用腕時計として利用する際はだいたいこれぐらいの予算を組んでおくと良いでしょう。
50万円以下の製品においては、ムーブメント自体は汎用的で、複雑な機構やオリジナルのムーブメントを使っているケースは少なくなります。しかし汎用的であるからこそ、量産も利き、その分多くのモデルが市場に出回ります。そうなると修理においても部品などが揃いやすく、実用腕時計として理想的な形となります。

実用腕時計を探す際には、価格帯にも注意してみてください。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme