オメガとは

オメガはスイスの高級時計ブランドとして有名ですが、実際にどんなブランドなのか、どんな時計があるのかを知っている方はごく少数ではないでしょうか。
その理由は「高級」だからです。
オメガの誕生は1848年、今から実に170年も前のこと。ルイ・ブランという一人の時計職人が、自らの工房で製作を行い、それを彼の息子たちが生産体制を含め整備、創業から40年後にスイス最大手の時計メーカーへと成長します。
つまるところ、かの最高級時計ブランドであるロレックスよりもオメガのほうが、「先輩」にあたるわけです。ロレックスの創業は20世紀に入ってからですから、オメガは50年、彼らに先んじて高級時計を世の中に販売していたというわけです。

オメガが1903年まで、ルイ・ブラン&フィルズという社名でした。しかし、オメガ=ギリシア語で究極と名付けられた所以は、彼らが1894年に機械式ムーブメントを開発したことがきっかけです。このムーブメントこそが「オメガ」。その名を冠した新型の時計は、19の工程で組みたてられたもので、分業体制によって製作された最初の時計でもありました。
この生産方式の確立は、スイス国内の時計産業界においてエポックメイキングな出来事であり、それが腕時計の精度と生産性を飛躍的に向上させるきっかけとなったのです。
こうしてオメガは世界的にも名を知られる高級腕時計ブランドとしてイメージが確立されていきました。
1969年にはNASAによって課された。あらゆる実験に合格したスピードマスターは、アポロ11号による人類初の月面着陸をともにし、一大ヒット商品としてオメガの歴史に名を刻みました。
その30年後、時計の心臓部であるキャリバーに「コーアクシャル」と呼ばれる機構を発表。約10年間もオーバーホールが不要と言われる発明であり、オメガの先進性を象徴する出来事の一つとして、オメガ愛好家の中でも語り草となっています。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme