究極の実用腕時計とは

本当の意味で実用腕時計と言えるものはあるのでしょうか。

正確な時間を計時する、というのが時計に求められる絶対必要な条件です。これはどんな装飾を施した時計であろうと、シンプルな3針時計であろうと変わりません。

しかし、実際のところどんなに精巧な機械式腕時計も、電力を利用するクォーツ時計でさえも、日々時間を刻んでいくうちに、自然と誤差が生まれてきます。

これは時計の宿命とも言えますが、しかし、この時間のズレの克服さえできれば、電池交換やオーバーホールにかかる費用、手間は限りなくゼロに近くなります。

▼時間のずれをなくす。

これは文字にすると簡単ですが、実現するのはほぼ不可能と言われていました。

技術的には可能なのです。というのも地球を回るGPS衛星からの電波を受信すれば、地球上のどこにいても、正確に現在地の時刻を表示できるため、腕時計に衛星からの信号をキャッチし、時刻表示できる機能を備えさえすればよいわけで…。

しかし、これを実現するためには条件があるのです。

通常の時計の1000倍以上の必要な電力を、腕時計の中で作り出す、もしくは供給する装置を付けること。

一昔前に携帯電話がやたら大きかった理由は、これと同じです。電池がなかったんですね。

腕時計がバカでかかったら全く意味はありません。その時点で機能的ではないのですから。

▼セイコー「アストロン」

と、実現不可能な夢のように思われていたものが、2012年に誕生しているのです。

それがセイコーが開発した「セイコー アストロン 」です。

GPSモジュール、リング型高感度アンテナ、低消費電力の新型ICと3つの機能を独自開発し、時間を本当の意味で正確に刻む、究極の実用腕時計を世に送り出したのです。

実用腕時計 買うなら国産?海外製?

 

実用腕時計には国内メーカー、あるいは海外メーカーどちらを選ぶべきなのでしょうか。

▼答えは簡単

国内メーカーも海外メーカーの製品も、それぞれ特徴があります。もっと言えばいろいろなメーカーがあり、形も違えば得意としている種類、価格、ブランドイメージもすべて違います。

単純には2分割して考えられないものなのですが、どうしても、我々日本人は海外への憧れを隠すことができないため、ブランド腕時計に目が行きがちになります。

そういう目線で選ぶと海外メーカーしか選択肢に上がらないわけですが…。

「実用」腕時計という点にフォーカスすれば、そこには国産も外国産もなく、またブランドも関係なくなります。

純粋に、実用的な時計を選べばよいのです。

▼日本の時計は素晴らしい

テレビの影響もあり、腕時計と言えばどうしても海外礼賛になりがちなので、ここは日本の時計にフォーカスしてみましょう。

まず日本の時計は海外で人気があります。海外の時計愛好家ならそのことをよくわかっていて、性能・品質はもちろん、スマートなデザイン、使いやすさ、壊れにくさ、リーズナブルさなどは非常に高く評価されています。たとえばスイスに住んでいてもロレックスを買わず(買えず)、現実的な価格の自国以外の例えば日本の時計を着用している人が多くいます。

▼セイコーやカシオは人気

実用腕時計の中でもセイコーやカシオの時計はとくに人気です。

その理由は実用性だけでなく、デザインも良く、腕時計としてのクオリティが高いからにほかなりません。それに安い。

品質が良くてしかも安いのが、セイコーやカシオの実用腕時計の一般的な評価です。

であればこそ、海外ブランドの威光に目がくらみ、実用腕時計にも「見栄」というおよそ実用的ではないマスクを被せるよりは、フラットな目でお気に入りの一本を探したほうが良いでしょう。

実用腕時計に優越感を求めてはいけません。

価格帯で見る実用腕時計

実用腕時計を価格帯で見てみましょう。

そもそも実用腕時計の価格はなぜ数千円のものから、数百万円のものまで存在するのでしょうか。

▼価格差はどこに現れる?
価格差は簡単に言えばまず、クォーツ式か機械式かで分かれてきます。クォーツ腕時計は電池式の時計でいわゆる量産が可能なタイプです。その点で職人手作りの機械式とは価格が違ってきます。
クォーツ式でも外装などが豪華であればそれなりに高額になりますが、ムーブメントの差だけで考えると、機械式の時計の方が圧倒的に高額になります。

▼機械式時計の奥深さ
機械式時計は大量生産が効かず、しかも職人の手作りであり、ブランド独自のムーブメントが搭載されれば価格は飛躍的にあがります。
100万円以上する実用腕時計の何が違うかというと、自社開発の最高のムーブメントに加え、外装に豪華な装飾が施されます。腕時計のメインとなる素材もプラチナや金などが加わり、ところどころにダイヤモンドなどの高価な宝石が取り付けられる形です。
まあ、ここまでの加工になってしまうともはや実用腕時計ではなく、高価な装飾品としか形容できませんが…。200万円以上すると装飾だけでなく仕上げ自体もより時間をかけて、丁寧に仕上げます。

100万円以下50万円以上のものが実用腕時計のある種の限界ではないでしょうか。ムーブメントにはやはり自社製のものが載せられており、量産型とは異なる趣を見せます。これらも高級品であるのは間違いありませんが、ロレックスにおいてはこのあたりの価格帯に製品が集中しているので、このブランドを実用腕時計として利用する際はだいたいこれぐらいの予算を組んでおくと良いでしょう。
50万円以下の製品においては、ムーブメント自体は汎用的で、複雑な機構やオリジナルのムーブメントを使っているケースは少なくなります。しかし汎用的であるからこそ、量産も利き、その分多くのモデルが市場に出回ります。そうなると修理においても部品などが揃いやすく、実用腕時計として理想的な形となります。

実用腕時計を探す際には、価格帯にも注意してみてください。

実用腕時計の買取2.戦略編

実用時計を買取に行く際、高く売りたいと考えるなら情報と戦略が必要不可欠になります。

▼まずは売り物を用意
売り物となるのはもちろん実用腕時計ですね。
腕時計自体は毎日磨きをかけ、キズ一つなく大切に扱っているものと仮定しますが、どうしても汚れやキズが付くもの。
高級腕時計の場合、オーバーホールをするかどうか迷うかもしれませんが、ここではしない方向を推奨します。
汚れはすべて落としておきましょう。手垢はもちろん、細かい隙間は爪楊枝などを使ってきれいにしておく。
付属品もすべて揃えます。
外箱はもちろん、ケース、保証書、付属品などすべてです。

▼つぎに情報集め
実用腕時計を買取に出す際はまず、ネットを使って下調べをし、自分の持っている時計は、そもそも買取に出せるかどうかを確認しましょう。くれぐれも売り物がすべてそろった時点で、いきなり買取店に行かないことです。良心的なお店が多いものの、安く買いたたくお店は必ずあります。行くのは引き止めませんが最低3店舗は回って、買取価格の目安を立てておきます。ネット店舗も同様ですね。
目安価格をベースに、キズやそのほかの状態を差し引きしつつ、最低限これだけは譲れない金額と、希望の買取価格を割り出します。
それらのちょうど真ん中の価格がちょうど良い適性買取価格と考えておきましょう。

▼いざ買取店へ!
いざ買取店にでむき、買取価格の目安を大きく下回ったら交渉です。他の買取店では○○円(ハッタリでも良いし、希望の買取価格でも良い)だったけど、安すぎない?といった形で引き下がらず、1円でも高く売れるように食い下がりましょう。長引きそうだったら時間の無駄なので早めに退散を。
このように買取価格と交渉については、事前に戦略を立てておくと良いかと思います。

実用腕時計の買取1.場所編

実用腕時計を売りたい!でもどこに売れば良いのかわからない
そんな時どうすればよいのでしょうか。

実用腕時計の買取は
・時計買取専門店
・ブランド買取専門店
・ハードオフなどの中古買取店
この3つがメインでしょう。

▼時計買取専門店
時計買取専門店では取り扱っているブランド数が多く、マイナーな実用時計も買い取ってくれる可能性が大いにあります。
時計買取専門店は路面店のような形で直接訪ねていける場合もあれば、ネット店舗のみで買取の際は郵送しか受け付けていない場合もあります。
路面店では直接鑑定士(店員)に買取を依頼するため、交渉はもちろん査定価格についていろいろ質問できます。
店舗にいくまで交通費と時間がかかるのが難点ですが、査定についてはっきりとするので、納得のいく取引ができるでしょう。
ネット店舗では逆に、扱っているブランドや買取価格の目安などがみられるため、情報を集めやすい点がメリットです。それに店舗に行く必要もないので、取引の手間は少なくて済みます。
しかし、直接鑑定士と話すことができませんから情報を引き出す、あるいは交渉するのが難しくなるでしょう。

▼ブランド買取専門店(質屋)
ブランド買取専門店も時計買取専門店と同じように、リアルとネット店舗の2種類があります。ただこちらの方は売却可能なブランドがお店によって限られる場合が多く、マイナーな実用腕時計を買い取ってくれるお店を見つけるのは骨の折れる作業になります。

▼ハードオフなどの中古買取店
腕時計だけでなく中古品の買取を行っている業者はたくさんあります。ハードオフもその一つ。基本的に来るもの拒まず、なんでも買い取ってくれはします。しかし買取価格の方は期待できないと思ったほうが良いでしょう。

腕時計の買取を希望する際は、自分にとって都合がよく納得のいく取引ができる店舗を選びましょう。
戦略なき取引は非常にもったいないですよ。

実用腕時計の種類2

実用腕時計のメーカーを紹介します。価格はブランドごとピンきりですが、こちらでは数万円台から高くても50万円以下の購入しやすい実用腕時計をピックアップしました。

取り上げているブランドは
・ジン
・オリス
・エドックス
・ラドー
・ハミルトン
以上の5ブランドです。

▼ジン
ドイツ生まれの実用時計で、創業者は空軍の元パイロット。その経験が時計に反映されているのでまさに「プロ仕様」な1本です。
具体的には視認性が良いこと、ケースが堅牢、ムーブメントを保護する特殊な技術が利用されている点などが特徴的なブランドです。
航空時計としての評価を得ているほか、実用面でも様々な分野に顔を出すなど、地味ではあるものの確かな実力を持っています。
どちらかといと玄人受けするブランドですね。

▼オリス
スイス生まれの時計で、ベーシックで古典的なデザインからスポーツモデルまで幅広く商品展開しています。スペックが高く、反面企業努力で価格は抑えめに設定されています。その点日本のメーカーに近いかもしれません。アビエーター、モータースポーツ、ダイバーズ、カルチャーの4つのカテゴリーで、それぞれラインアップされています。

▼エドックス
日本人にはあまりなじみのないブランドかもしれませんが、それもそのはず、日本に初めて上陸したのが2004年のこと。近年では幅広くラインナップされていますが、当初はパワーボートとのタイアップでスポーツモデルのみの展開でした。現在でもスポーツ系に強くかつドレス系にも豊富なラインナップを揃えています。価格は控えめなので、こちらも海外製のスポーツ系実用腕時計としてファーストチョイスに上がるメーカーでしょう。

▼ラドー
スイス生まれのメーカーです。特徴的なのは腕時計の素材。ステンレスとゴールドに限らず、新しい素材を常に開発してきたという点はまさに独特。セラミックケースの形成技術は世界でもトップクラスであるなど、異彩を放つメーカーです。

▼ハミルトン
もともとはアメリカに工場を置く時計メーカーですが、現在ではスイスに製造拠点があります。鉄道時計、航空時計、軍用時計をメインに、ファッション時計も幅広くラインナップされています。

実用腕時計の種類1

実用腕時計の価格はピンきりですが、こちらでは数万円台から高くても50万円以下の購入しやすい実用腕時計をピックアップしました。

取り上げているブランドは
・セイコー
・ロンジン
・シチズン
・ティソ
・カシオ
以上の5ブランドです。

▼セイコー
日本最高クラスの実用時計メーカーであるセイコーは、クォーツ腕時計、機械式腕時計を始め、GPS電波時計までありとあらゆる種類の実用腕時計を取り揃えているのが特徴です。
しかもセイコーの作る時計はすべてメイドイン・セイコー。ねじから外装まですべてセイコーで内製できる技術力+会社の体力は並外れたものがあります。

▼ロンジン
20世紀初頭には世界最大の時計工房を持っていたといわれる、スイスの時計メーカーです。大規模工場生産をいち早く導入し、航空時計、クロノグラフを開発したノウハウは、スウォッチグループに継承されておりコスパに優れた実用時計を生産し続けています。

▼シチズン
知る人ぞ知る国内メーカーで、ソーラー式腕時計や電波時計を開発した先駆け的な存在としても有名です。外装・電子技術は世界トップクラスと言われており、最近では機械式時計の開発にも力を入れるなど、総合力の高い時計メーカーとしての立場を明確にしています。

▼ティソ
先進的な技術を取り入れ、実用腕時計のトップレベルを走り続けるメーカーです。安くてもパフォーマンスに優れた自動巻き時計はなんと80時間の駆動を確保。2013年に発表された「パワーマティック80」はその象徴となっています。価格は10万円ですが、間違いなく価格以上の価値があります。

▼カシオ
言わずと知れた「Gショック」で一躍有名になった日本のメーカーです。もしも実用腕時計に「壊れないこと」という条件が最優先にあった場合、Gショックが第一候補となるでしょう。
最近ではGPS+標準電波の受信能力が付くモデルも登場し、ファンを満足させています。

実用腕時計はどこで買える

実用腕時計をどこで買うか、どこで買えば安く手に入るかは関心の強いところだと思います。

実用腕時計は下記のルートで手に入れる事ができます。
・時計専門店
・デパートやショッピングセンター
・家電量販店
・ディスカウントストア
・通販

またこのほかに、実用腕時計が高級ブランド腕時計なら、正規代理店、もしくは並行輸入店も購入場所になります。
ブランド品とは違い手に入れる場所を若干広く見ておかないと、自分のお気に入りのブランド製品を購入することができません。

ではそれぞれの購入ルート別にその特徴を見てみましょう。

▼時計専門店
何より時計に詳しく、ブランドごとの特徴を把握している店員がいることが大きなメリットです。いろいろ細かいことを聞けますし、その情報をもとに自分が使うシーンと照らし合わせて、実用腕時計にふさわしい1本をみつける事もできるでしょう。修理やメンテナンスの時も頼れる存在になります。

▼デパートやショッピングセンター
スーパーを含めたショッピングセンターには、時計を販売するコーナー、もしくは時計を専門に扱うテナントが入っています。買い物ついでに利用できる点がメリットと言えそうです。時計専門のテナントなら路面店と同じようなサービスを行っている所も少なくありません。ただしそうしたテナントの多くは規模が小さく、気に入った1本が見つかるかどうかは行ってみないとわからない部分が大きいです。

▼家電量販店
家電量販店の時計販売コーナーは、高級ブランド品を扱っていることも多く、選択の幅が広いのが特徴です。しかしその反面、接客するのは量販店の担当者に過ぎず、時計に関する知識はほとんど期待できません。時計にあまり詳しくない人から高い時計を買うのがマイナスでなければ、いろいろ選べる家電量販店は有力な購入先でしょう。

▼ディスカウントストア
ドンキホーテなどのディスカウントストアも実用腕時計を取り扱っています。ただし、お店にもよりますが、販売されているのはほぼ、安価な腕時計に限られます。時計販売に力を入れているわけではもちろんないので、数あるブランドの中から自分にあった1本を探すのに適したお店ではないですね。

▼ネットショップ
ネットショップは日本全国数多くあり、また扱っているブランドや商品が画像で見られるため、お目当ての品が見つけやすい点が最大のポイントです。時計専門店がネットショップを開いていることも多く、細かい商品説明やアフターケアも期待できます。
ただ難点は、実物が見られないこと。これに尽きます。

それぞれ一長一短、自分が納得のいく購入先を見つけてください。

実用腕時計の特長

実用腕時計に求めたい特長としては、タフな使用ができてしかも長持ちすること、あとはおまけにデザインが良い事ではないでしょうか。
ちなみにここでは安い=実用腕時計としては考えません。”実用的”というのはシーンや使う人にとってそれが実用的かどうかが違ってくるいわば恣意的なものです。
あの最高級ブランド、ロレックスを実用腕時計として考えている人はたくさんいますし、実際に機能性や防水性、壊れにくさといった実用的な観点からもハイレベルなパフォーマンスを発揮します。
とはいえ、ロレックス=実用腕時計として考えられる人はやはりごく一部。
ここでは実用腕時計として代表的なブランドをご紹介します。
日本が誇るセイコーです。

▼セイコーのスゴさ
セイコーにはグランドセイコーという最高級ラインがあります。
これはもともと実用時計として知られていたセイコーが、その最高峰に位置するモデルを作ろうとしたことがきっかけで作られたモデルです。
昔から変わらないなじみの良いデザインに、最高の機構とムーブメントを搭載、品質の良さと日本最高の技術によって生み出された実用時計は、ビジネス、フォーマル、そしてカジュアルシーンに至るまで、いつでもどこでも使える、最高級の実用性を備えた時計として認知され、今日に至っています。
余談ですが、グランドセイコーはクロノメーターの精度を競う「スイス天文台コンクール」に1964年に出展して以来、好成績を残しつづけ、この実績からスイスだけでなく全世界にその実用腕時計としての存在を認められています。
グランドセイコーの価格は高級腕時計と同じような価格ですが、その実用性は国際的な評価を受けています。
日本人としても利用する側にとっても価値ある実用腕時計と言えますね。

実用腕時計とは

実用腕時計とはそういう種類があるわけではなく、日常的あるいは仕事中に利用するための「実用的な腕時計」です。

それゆえ、使用する人やシーンによって、それが実用的であるかないかがある程度決まってきます。
水を使う仕事であるにも関わらず、防水性能がない腕時計を使っていれば、その腕時計は実用的ではありませんし、まして腕に巻くバンドが革の素材であったらもう大変です。水に濡れたら革が台無しになってしまいます。
家から一歩も出ず、部屋に時計があるにも関わらず、ロレックスなどのフォーマルタイプの腕時計を着用していたとしたら、それは果たして実用的なのかどうか、疑問に残るところです。

▼実用腕時計に求められる条件とは
実用腕時計に求められる条件について考えてみましょう。
まず時計として最低限の機能を持っていることは当然です。
そして高価すぎるものもいけません。高価な時計と認識せずに使えばよいのですが、そんなことができる人はほとんどいないでしょう。
必ず時計を意識して、汚さないように傷つけないように扱います。
逆にすぐ壊れるような安すぎるものも控えたほうが良いでしょう。

機構については単純であればよく、3針のみで十分です。単純機構であれば壊れにくいのでその点でも有利です。

市場にあまり流通していないモデルも換えが効きませんし、壊れたときにパーツが手に入らないので修理できなくなるためNGです。

あとは最低限の防水機能を備えている事。非防水の時計は普通に使っていてもカバーの中が曇ってきて水滴がたまり、故障の原因となりますから、すぐに壊れてしまうリスクがあります。

以上のように、実用腕時計には機構はシンプルで、市場に多く流通しており、最低限の防水性能を備えている事、この3つが最低条件です。かつ自分の気に入ったデザインがあればなおgoodですね。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme