ロレックスはココがすごい!

ロレックスといえば、高級腕時計というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。しかし実用性に優れているというのがロレックス腕時計の本質だと言えます。実用時計にしては高価に思えるかもしれませんが、品質や耐久性からすれば非常にバランスの良い価格だという事が分かってきます。ではロレックスの一体どこが優れているのかご紹介します。

ロレックスはムーブメントの開発、製造を自社で手掛ける

スイスでは時計産業の分業化が進んでいるため、ムーブメントメーカーの製造したムーブメント(時計の内部にある動力機構部分のこと)を使うのが時計メーカーの常識でした。ところがロレックスはムーブメントの開発も製造も自社で行なっていました。しかも製造されるムーブメントのクオリティがとても高かったことが、ロレックスの成功を決定づけるものとなりました。またロレックスは職人の手によって作られていたムーブメントを機械化しました。それによって製造されるパーツすべてが同じ品質を保つことが可能になり、精度も耐久性も優れた状態で商品を量産できるようになりました。多くの時計メーカーがこの高い品質に追いつこうとしていますが、遠く及ばないと言われています。

ロレックスの真価は

ロレックスの真価はずばり、ムーブメントといえます。ロレックスの腕時計のかなり多くのモデルが、基本的には設計が同じムーブメントを使用しています。例えば時計好きなら誰もが一度は耳にしたことのある「エアキング」「デイデイト」「サブマリーナ」「デイトジャスト」など、それぞれ価格やモデルが違ってもムーブメントの構造はほぼ同じなのです。価格の違いは素材や機能の違いによるものであって、ムーブメントは関係ありません。数百万円するモデルでも比較的安価なモデルでも、信頼を裏切らないブランドであるという事実がロレックスのすごさであると言えます。ロレックスはどのモデルも精度が高く、それでいて丈夫で壊れにくい、それが人気を支える大きな理由なのです。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme